さくらVPSと勉強方法を知ることでサーバーエンジニアを目指す!

VPS画像

さくらVPS環境を準備して勉強方法さえ分かれば、サーバーエンジニアを目指せますよ!

未経験者がゼロからサーバーエンジニアになるために、何から手を付けて良いか分からず、悩んでしまう方って多いのではないでしょうか。


僕も転職活動していた時、IT業界に入るために色々と模索しながら進めてました。


この記事では、パソコンを普段仕事で使用しておらず、これからサーバーエンジニアを目指そうとしている方向けに話を進めようと思います。


✅パソコン操作に慣れることから始める!

1: Windowsノートパソコンとネットワーク環境を整える
2: タイピング練習をして入力操作になれておく
3: 未経験から採用してくれる会社を探す


まずは勉強できる環境を整えることが重要です!


未経験から採用している企業に入社して、パソコン操作にある程度慣れている人と全くゼロの人では入社後まったく成果が変わってきます。




WindowsパソコンとMacパソコンは選ぶならどちらがいい?




サーバーエンジニアやインフラエンジニアを目指すなら、まずは無難にWindowsパソコンを選んだ方が良いです。
理由としては以下のポイントが挙げられます。

✅現場で使用されているPCはほぼWindowsパソコンです。
✅Macだと、Windowsを使用できる設定(ブートキャンプ)が必要。
✅使用されるソフトやツールがほぼWindows対応である。
✅スペックとしては最低メモリ4G必要。(8Gであれば尚よいです)
✅Linux(リナックス)を勉強するには、さくらのVPSみたいなコマンド実行できる環境が必須。


Macを持つと、結局Windowsを使える環境設定が必要なため、お金と時間がロスしてしまうので勉強をすぐ開始できるよう、Windowsパソコンを選ぶようにしましょう。


ネットワーク環境については何を選ぶべき?




ネットワーク環境は、無制限で利用できるものを探しましょう。
僕の場合は、フレッツ光のポケットwifi1台だけ契約してます。
固定のネットワーク回線ですと、家に設置工事の立ち合いが必要だったり、また引っ越しなどを考えた場合、契約解除の手続きなどに時間をとられるためです。


ポケットwifiであれば、自宅以外にカフェなどの外出先でも利用でき、工事など不要で持ち運べるので、僕はWiMAXのポケットwifiを契約してます。


サーバーエンジニアになるための勉強で、ポケットwifiの無制限プラン(大体月額5000円くらい)のものを選んでおけば十分なので、どこでも勉強できるのでおススメです!




PCとネット環境が整ったら、さくらVPS環境の導入を検討しよう!




パソコンとネットワークの環境が整ったら、さくらVPSのサイトを見て導入を検討しましょう。
さくらVPSとは、さくらインターネットという会社が提供しているバーチャルプライベートサーバのことです。
さくらVPSを利用することで僕が感じるメリットとしては以下が挙げられます。

✅不明点があってもインターネット上にやり方がたくさん載っている!
✅さくらVPSの名前はIT業界でも認知度が高い!
✅Linux(リナックス)を勉強するには最適!
✅学習環境のための初期費用としては安い!

未経験者がサーバ構築を始めるなら、インターネット上で検索するとヒットしやすい製品を選んだ方が勉強しやすいですし、認知度も高い信頼あるものを利用した方が良いです。

 

僕の記事では、さくらのVPSやLinuxを使ってWebサーバーを構築する方法の記事をアップするので、学習の参考として頂けると幸いです!

 

【第1回】さくらのVPSサーバを登録しよう!>の記事でサーバーエンジニアになるための学習をスタートしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)