【第8回】システムアップデート方法について

[こちらの記事は2020年3月17日に記載したものです]

【第7回】では、公開鍵認証でSSH接続でサーバにログインするための設定を実施しました。

今回は前回設定した公開鍵認証でサーバにログインし、Linuxのシステムアップデートを実施します。



公開鍵認証でサーバーにログインする方法について



さっそくTeraTermで「秘密鍵」を使ってログインしてみましょう。



1:
TeraTermを起動して、ホスト名にIPv4アドレス、TCPポート22、SSHを選択して、[OK]をクリックする。



2:
セキュリティ警告の画面が表示された場合は、「このホストをknown hostsリストに追加する」にチェックを入れ[続行]をクリックする。



3:
「SSH認証」画面が表示されるので、ユーザ名とパスフレーズを入力する。

ユーザ名:一般ユーザの名前を入力
パスフレーズ:一般ユーザのパスフレーズ

「認証方式」の項目で、「RSA/DSA/ED22519鍵を使う」にチェックを入れ、テキストボックスの右側にある「…」をクリックする。



4:
「RSA/DSA/ECDSA/ED22519秘密鍵ファイルの選択」画面が表示されるので、左ペイン側にあるデスクトップをクリックして、第7回で作成した「秘密鍵」のフォルダを選択する。

選択後は、[開く]をクリックする。



5:
「SSH認証」画面が表示されるので、「秘密鍵」のテキストボックスに選択したファイルが入力されていることを確認後、[OK]をクリックする。



6:
TeraTermのコンソール画面でログインできたことを確認する。



Linuxサーバのシステムアップデートを実施する



サーバのシステムアップデートを実施するには、yumコマンドを使用します。

yumコマンドはrpmと呼ばれるパッケージソフトをインストールしたり、Linuxのシステムの中にインストールされたすべてのrpmパッケージソフトをアップデートするためコマンドです。

yumコマンドでよく使うパターンは以下となります。
※△は半角スペースを表しています。

書式:
yum△update :
アップデート可能なパッケージを全てインストールする。

yum△update △パッケージ名 : パッケージを指定してインストーする。

yum△check-update : アップデート可能なパッケージを表示する。


今回は、yum△updateコマンドを使用してシステムアップデートを実行します。


yum updateなどのコマンドでシステムを変更するには、一般ユーザからrootユーザへ昇格する必要があります。

rootユーザへの昇格に使うコマンドは「su△-」コマンドで実施します。実施する際は、必ずsuの後に-(ハイフン)を付けるようにしてください。

パスワードは、入力しても表示されないので間違った場合は[BackSpace]キーを何回か押下して再入力しましょう。
入力後は[Enterキー]を押下します。

コマンドプロンプトの[…]$から[…]#に表示が変わったのを確認できましたでしょうか。

[…]$(ダラー記号)一般ユーザを表し、[…]#rootユーザを表しますので、こちらも覚えておきましょう。

また、余談ですが、一般ユーザに戻したい場合は以下のコマンドを入力すると戻ることができます。

書式:
su△-△一般ユーザ名
※入力後は、一般ユーザのパスワードが求められます。

suコマンドは、このようにユーザをスイッチできるコマンドであると覚えておきましょう!

それでは、rootユーザに変わったことを確認出来たら、画面のようにyum△updateを入力して[Enter]キーで実行します。




実行すると、処理が走ります。
以下の画面で、アップデートするパッケージ数と、ダウンロードサイズが表示されます。

一番下の表示に以下の様に「Is this Ok [y/d/N]:」インストールしてもよいかを求められるので「y」の文字を入力し、[Enter]キーを押下して処理を実行します。



処理が実行されるのでしばらく待ちます。


途中で「Is this Ok [y/d/N]:」が求められた場合は、先ほどと同じように、「y」を入力して処理を実行します。
僕の場合は2回ほど聞かれました。


最後に、以下の画面のように「Complete!」と表示されれば、システムアップデート作業は完了となります。





【第9回】ではさくらのVPSで登録されているIPアドレスとお名前.comで取得した独自ドメイン(僕でいうとvpsyarou.comですね)の紐づけ作業を実施します。

こちらの作業はお名前.comでドメインを取得してから2週間経って本登録されていないと実施できないので注意が必要です。

以上となります。本日もお疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)