サーバエンジニア

未経験からIT業界に転職するには?

「未経験からITエンジニアになることって可能でしょうか?」

「文系で数字も弱いけど、エンジニアに転職することってできる?」

「Webサイトって自分でも作れるのかな?」

「エンジニアになって自分でブログサイトやWebサイトを作ってみたい。」

当時の僕はそんな想いをずっと考えて日々生活をしていました。

未経験からエンジニアになるために…

 

当時、僕が注目したのがWebデザイナーというお仕事でした。

 

「Webデザイナーになるにはスクールに通うしかないか…。」

 

工場で働いていた時、ボーナス30万円(支払額は60万円…)が入った翌日に頭金としてスクールにすべてのお金を投資したのが転職のきっかけとなりました。

 

今思えば、もう少し違ったやり方で取り組めば初期投資も抑えられたと悔やむこともありますが、当時の僕はどうしてもパソコン1台で生活できるようになりたかったので、すぐ行動するしかなかった。

 

何となくノマドライフに憧れていたんですね。

 

それでも…

 

31歳からIT業界に転職するってどちらかといえば、遅いくらいの状況でした。

 

「この歳から未経験でIT学ぶなんて無理だろうな…。」

 

泣けなしの給料からPCも購入し、スクールでは3つの言語を学びました。

・HTML(エイチティーエムエル)

・CSS(シーエスエス)

・Javascript(ジャバスクリプト)

 

当時は学習を通して、ふんわりと分かるようで分からない状態で、結局ポートフォリオサイトを1つも作れず、Webデザイナーとしての転職も厳しい状態でした。

 

現在の僕のスキルでも、この3つを完全にマスターしているかというと、マスター出来ていません。

 

それでもエンジニアになれたのは、Webデザイナーは向いていないなと自分の中で見切りをつけ、サーバエンジニアに方向転換したためです。

 

サーバエンジニアってどんな職業?


サーバエンジニアとは、Server(=サービスを提供する側)のシステムを作る技術者のことです。

 

サーバ(Webサーバやメールサーバなど、何かしらのサービスを提供するコンピューター)を作り、利用者(お客様)にシステムを利用できるようにします。

このブログについても、VPS(バーチャルプライベートサーバ)というサーバをレンタル契約し、Linux(リナックス)というOS(オペレーションシステム)を使用してこのブログを作成しています。

サーバ構築やインフラという職業、またWordpressの出会いは、Webデザインが苦手な僕にとって、「これならIT業界でやっていけるかも!?」と思えた瞬間でした。

 

このような経験をもとに、ブログでは以下の内容を発信していきます。


✅未経験からどのようにしてサーバエンジニアになれたのか。

✅エンジニアになるための必要な環境づくりについて。

✅エンジニアになってできるようになることについて。

✅Wordpressで、Webデザインできなくてもある程度のWebサイトは作れる。

✅サーバエンジニアでもメリットについて。

✅エンジニアに転職して収入を上げた話について。

…etc.

サーバエンジニアになった結果、どうなった?


これはあくまで僕自身の結果なので、誰でも当てはまるというわけではないのですが、

工場で働いていた時はどんなに残業しようが手取り20万を超えるのがやっとでした。

これまで休日を勉強や資格取得に費やしたおかげか、

 

4年後の今では、前職の2倍近くまで安定して収入を得る事ができるようになりました。

 

サーバエンジニアブログでは、これから未経験でサーバエンジニアになりたい方、もしくはパソコン1台で生活できるようになりたい方向け(後者は僕も学び中ですが…)に自分の持っている知識や経験を共有、発信していきます。