サーバーエンジニアになるためのオススメの学習方法とは?

さくらのvpsでLinuxを学べば、サーバーエンジニアとして最低限のスキルが身につきます!

 

これから未経験でサーバエンジニアを目指す
なら、まずはさくらのvpsでLinux(リナックス)
を勉強してみましょう!

Linuxを勉強するには、本やサイトで調べて
学習するだけでなく、実機を使って実践していくやり方をすればスキルも定着します。


さくらのvpsを準備できれば、
LinuxのOS(オペレーションシステム)も
ボタンを数クリックしただけでインストール
できるので、未経験者には優しいサービスです。


OSをインストールした後は、Linxuのコマンド
を使用してネットワークの設定を行い、システムをアップデートして、Webサーバーやメールサーバーといったサービス(ミドルウェアソフト)も導入することが可能になります。


未経験からサーバーエンジニアに転職する前に、独学でLinuxに触れておけば、入社してから現場に参画するまでのスピードも変わってくるので、ぜひオススメします!


さくらのvpsの仮想化とは?


さくらのvpsは、仮想化専用サーバ(バーチャルプライベートサーバー)です。


イメージが湧かないという方のために…
身近な例でいうと、MacでもWindowsを使用したい場合、「ブートキャンプ」という技術を使ってMacの中に仮想のWindowsをインストールして、MacなのにWindowsパソコン として使用することができます。


この場合はMacの中のWindowsソフトが仮想化OSということですね!



上の図がMacのノートPCにWindows(仮想化ソフト)
をインストールした状態です。
よく”パラレルデスクトップ”という製品や
“ブートキャンプ”と呼ばれるMacの標準機能で
Windowsの仮想化ソフトを使用する事が可能となります!

次にさくらのvpsを今度は家で例えると、
レンタルサーバは1つの大きな家に複数人が共有して生活するため 誰か1人が部屋の広さを占有してしまうと、周りの人のスペースが 狭くなってしまうので、場合によっては他の人に影響を受けます。
(通信が遅くなったり、容量が切迫する場合がある)

シェアハウスの共同生活を思い浮かべてもらえば理解しやすいと思います!


vpsは1つの大きな家に複数人が共有しますが、
それぞれバーチャルの個室を与えられ、
好きな家具を置いたりするなど、空間を
自由に使える家主となることができます。


vpsは分譲賃貸で考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。


サーバーの用語で説明すると、
vpsであれば、1つのマンションに独立した部屋(仮想サーバ)で独立しているため、他の住人(他ユーザー)の影響を受けにくい環境で家具を設置(Webサーバーやメールサーバーを設置)してサービスなどを配信することができるようになります。


「レンタルサーバ」
物理サーバ(さくらのサーバ)の中に1つのOS、Webサーバ、DBサーバをみんなで共有するイメージです。
デメリットは、一人が大量に容量使った場合、他の人が使用できる範囲に影響が出てしまう可能性があります。

「VPS」
物理サーバ(さくらのサーバ)の中に仮想化専用OS(ホストOS)をインストールして、その上には各個人用の仮想化OS(ゲストOS)が独立して用意されています。
レンタルサーバと比べると、各ゲストOSの中で自由に自分だけのWebサーバとして、また好きなアプリを導入したりなどのカスタマイズが可能になります!
デメリットとしては、自分でサーバを運用する専門的なスキルが必要となります。



WindowsとLinuxの違いとは?


WindowsはGUI(グラフィックユーザーインターフェース)といい、マウスで視覚的な操作をできるパソコンです。
LinuxはCUI(キャラクターユーザーインターフェース)と呼ばれ、黒画面のインターフェースでコマンド操作でパソコンを利用します。



このオープンソースで有名なLinuxという技術がサーバーエンジニアのIT業界では多くの現場で利用されています。

オープンソースとは簡単に話すと、
コンピューターのソースコードが公開されていて、「カスタマイズすることもOKで、また配布しても問題ないですよー」のソフトウェアのライセンスのことをいいます。

そのため、ネットで調べてみるとわかりますが、エラーで作業が詰まっても、何かしらのコード情報などが公開されているため、ネットで調べて解決しながら、サーバーを構築することができます。

エラーの度にトライ&エラーを繰り返していきながらサーバーを構築していくことで、サーバーエンジニアとしての最低限のスキルが身につくようになります!

 

Webサーバを立てた後はWprdpressで学習した内容をアウトプットしてみる!


Webサーバーを構築できたら、
次にWordpress(ワードプレス)というブログサイトを構築してみることをオススメします。

WordPressは無料で導入できるブログソフトで、企業のWebページでも利用される有名なソフトです!

ブログサイトを構築して、学んだスキル内容などを技術ブログとして書いてみることでも知識の定着は高まります!


またWordpressを勉強することで今後の選択肢も増えてくることで、サーバーエンジニアもある程度やってきたし、次はどうキャリアアップしていこうかなーという思考が生まれます!


サーバーエンジニアデビュー前に、独学で学習環境を整えたうえで転職活動すると、入社後の成長スピードも格段と上がるので、ぜひトライしてみるといいでしょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)